• EVENT

  • 2019.06.18

清澄白河の保存食セレクトショップでアコースティックライブ「ナツカゼHOZON 〜かき氷と音楽〜」を開催

ナツカゼHOZON 〜かき氷と音楽〜

「ナツカゼHOZON 〜かき氷と音楽〜」を開催します

 
夏の少し暑い日に、夕方の清澄白河へ。秘密基地のようなHOZONの2階で、 自家製酒やかき氷を手にしながら、風に揺れるような生音アコースティックライブ楽しもう。
 
清澄白河に2018年オープンした「HOZON」。新潟県佐渡島の食材を使った保存食の販売や、日本や世界から集めたセレクトアイテムを多く取り揃えています。保存食を使ったデリメニューや自家製酒、氷菓などその場で味わうこともできます。
 
そんなHOZONの二階にある家のようなイートスペースにて、アコースティックライブを開催。音楽レーベル「SCHOLE」に所属するPaniyoloと、The Young Groupのメンバーで現在ソロで活動する木之下渉がライブを行います。(※7/12追記。木之下渉さんが体調不良のため急遽出演できなくなりました。そこで、sphontik名義でも活動されている木原健児さんに出演頂くことになりました)
 
お申し込みはGoogleフォームから先着順。少人数限定のため、お早めにお申し込みください。
 
ナツカゼHOZON 〜かき氷と音楽〜
 
ナツカゼHOZON 〜かき氷と音楽〜
 

出演アーティスト紹介

 

 
Paniyolo
 
HP / Spotify / Twitter
 
ギタリスト高坂宗輝のソロプロジェクト。82年 福島県出身。06年12月、下北沢でのライブからPaniyoloの活動は始まりました。音楽レーベル「SCHOLE」に所属し、アコースティックギターアルバムを複数発表しています。
 
15年4月、中村大史をゲストギタリストに迎え、ギターデュオアルバム「たまのこと」を発表。それ以降「いつものひのおわりに」と題した演奏活動を各地でおこなっています。最新作は19年3月に発表したミニアルバム、「三月が眠る」。
 

 

 
木之下渉
 
木之下渉
 
HP / Instagram
 
1972生まれ。2003 下北沢cicoute cafeにて初ソロライブ。2004 The Young Group結成。2006/3/22 The Young Group「TJØNNIK」。2008/11/12 The Young Group「14」。現在ソロ活動中。
 

 


 

 
木原健児
 
木原健児
 
HP / Twitter
 
音楽家/サウンドアーティスト エレクトロニカ・アンビエントミュージック、チルアウト・ラウンジミュージック、そしてシンガーソングライターとしての楽曲など幅広いジャンルの音楽を制作。
2012年 sphontik(スフォンティック) 名義にて、ジャズやブラジル音楽などの要素を含んだラウンジミュージックアルバム 「 Life flows slowly」をRallye Labelよりリリース。
2018年 Kenji Kihara「Scenes of Scapes」をアメリカ・カリフォルニアのInner Islands よりリリース。
2019年 Kenji Kihara「dawn」 を フランス・ Eilean Records よりリリース。
 
2019年7月 木原健児名義にて歌を中心としたアルバム「日々」をリリース。
2016年、宮内優里と背景のための音楽研究室「BGM LAB.」を開室。
 

イベント情報

『ナツカゼHOZON 〜かき氷と音楽〜』

■開催日
2019年 7月14日(日)

■時間
17:30 OPEN / 18:00 START

■出演
Paniyolo
木之下 渉(※7/12追記。体調不良のため出演キャンセル)
木原健児(※7/12追記。追加出演)

■会場
HOZON店舗
東京都江東区三好2-13-3 清澄白河駅徒歩5分
https://goo.gl/maps/XMThr4uK6UEm7ktH6

■料金
¥2,000 + 1ドリンク または かき氷

■お申し込み
Googleフォームより

■主催
HOZON

■企画
orange plus music

WRITER

石松豊 / がちゃーん

穏やかな音楽と、揺らぎのある風景と、祭があればよい。アンビエント/エレクトロニカなどが好きでプレイリストをよく作る。個人でプラネタリウムやカフェでコンセプト立てたライブイベントを企画するのが趣味。詳細プロフィールや活動実績はWORKSよりご覧ください。

ABOUT THIS BLOG

orange plus music
(オレンジプラスミュージック)

音楽とインターネットについて考える個人ブログ。最近は個人イベント情報の告知とレポートを中心に更新しています。詳しい活動はTwitterから。

RELATED

音楽イベント企画の手引き書。個人で初めて企画したい方へ(全9記事)

2022.06.14

音楽イベント企画にはコンセプトが大事!より魅力的にする発想法

2022.06.14

音楽イベントを一緒に形づくる出演者・会場・スタッフへのオファー方法

2022.06.14

音楽イベントの告知ビジュアル制作方法。フライヤーは第一印象を決める

2022.06.14

音楽イベントのPR施策まとめ。無料でできるプレスリリース作成方法

2022.06.14

音楽イベントで当日来場者の体験をより深める運営方法

2022.06.14

PR