• EVENT

  • 2020.12.27

少人数で穏やかな時間を過ごした「星空ごこち2020 冬のプラネタリウムライブ」イベントレポート

2020年12月6日、「星空ごこち2020 冬のプラネタリウムライブ」を開催しました。
 
3年目は冬開催。感染対策として通常140の定員を30まで減らして開催しました。
 
プラネタリウムで満点の星空を見上げながら、アコースティックギターや優しい歌に包まれる穏やかな時間を過ごせるイベント。
 
当日の様子を、写真と参加いただいた皆さんのツイートと共にレポートします。
 

開演前


会場はいつもの、東新宿駅から徒歩3分ほどにある新宿コズミックセンター。公益財団法人新宿未来創造財団が運営する施設です。

普段から星を学べるような番組上映や、クラシックやジャズを中心とした「星空コンサート」が開催されています。今年はコロナを受けて、イベント回数は減っているそうでした。

入場時は会場スタッフによるアルコール消毒などの感染対策を入念に実施。ドームにはフライヤーが投影され、いよいよ開演です。
 

公演①:まるやまたつや

10分間の星空解説のあと、ギタリストのまるやまたつやさんのライブが始まりました。

暗い中で始まった楽曲は「夜」。中盤からは北海道の林をイメージした冬の木々がゆっくりと回転し始めます。

満点になっていく会場。ホリゾンの幻想的な風景とアコースティックギターがとても心地よいです。

真っ暗な空で静かに輝く星を見上げながら、あたたかいギターに耳を傾けます。

「TOKYO-BAY」では新宿の夜景が登場。

冬の星座たちも夜空を彩ります。

“戦場のメリークリスマス”カバーでは満点の星空に流星群が流れ、季節や曲の世界も感じながら心に響く演奏でした。

「なんでもない日」では雪が少し積もる街で、日々を思わせる時間に。

ラスト3曲はだんだんと朝へ向かって会場は明るく。

MCでは、心地よく眠りそうだったお客さんに対して「おはようございます」というコメントも。

ラストは立ってアップテンポな曲を演奏。しっとりギターから普段のまるやまさんらしい元気さまで、星空の下でたっぷり味わえたひとときでした。

セットリスト
1.夜
2.EMOTION
3.close to me
4.TOKYO-BAY
5.Merry Christmas Mr.Lawrence
6.なんでもない日
7.ORANGE
8.UREI
9.21
10.LOVE YOU

 

公演②:市野美空


夕方公演は市野美空さん。星空解説のあと、1曲目「うみでのこと」は天球を青く照らしながらスタート。

歌とあたたかな空間系の音色のギターが優しく会場を包みます。ピーターパンをイメージした楽曲「まくら」では、妖精が浮遊するような”星の国”が投影されて曲の世界へ。

「窓辺の水蓮」では一度、星空が見える中で山並みの夕焼けを演出。

空には今回のフライヤーのコンセプト”双子の星”にまつわる双子座も登場。

MCでは「空の生きものたちに想いを馳せたりするのもいいですね」というコメントもありました。

後方からオーロラが現れる一瞬も。

満点の星が巡る中で、市野さんの歌がホールを包んでいきます。

「お月さまになりたい」では特大の月をバックに投影。歌は終盤にかけて、どんどん伸びやかに澄んでいくように感じました。

実は本番時は火星が機材不調で現れませんでしたが、「鳥が眠るころに」では「あの赤い星はなにを思うの?」という歌詞に合わせて火星が出てくる予定でした。写真はリハのものを。

「溶けた魔法」では流れ星が舞う中で響く歌に身も心を委ねていました。だんだんと朝になりつつ、ライブは終了。

セットリスト
1.海でのこと
2.枕
3.窓辺の水蓮
4.僕らの空に花が咲く
5.きらきら
6.狼のゆびぬき
7.お月さまになりたい
8.鳥が眠るころに
9.溶けた魔法
10.おわりとはじまりと
11.がいちゅう

 

参加者の声

 

感想

今回はなんといってもコロナ禍の中で開催し、そして安全に終えることができて本当によかったです。
 
一時期はリアルイベントの企画が当分できないんじゃないかと思いましたが、会場側とも快い相談を進めることができ、少人数で開催することがイベントを求めるお客さんにとっても、いまライブの機会が失われているアーティストにとってもよいという考えで、実施に踏み切ることができました。
 
3年目となると、会場のスタッフもPAスタッフもつくり上げたい瞬間が言わずとも通っているような気がして、準備から進行も非常にスムーズで、当日もとても良い空間を一緒に見ることができたと思います。
 
とにかくやりたいで始めたことが、一時はお金が成り立たないことに悩んだりもしましたが、規模を小さくしつつも続けられているからこそ、生まれている良いものもあるなぁと思います。
 
そして、星空ごこちは”心”にとってやっぱり意味のある時間だなと毎年、会場の後ろで座って星を見上げて音を浴びているときに思います。
 
最近は東洋医学、アーユルヴェーダなど心の働きに関わる思想に興味があって、中国茶やハーブティを買い漁る日々ですが、自分の心と対話するきっかけを作れるような穏やかさを得る機会を、芸術や音楽によって引き出すことができると思っていて、そうした瞬間を作ることをちゃんと仕事として成り立つように日々を変えていきたいな、と思っています。
 
次回は実は来年、近々に告知をして開催予定です。まだコロナの行方次第ではありますが、お楽しみに。

『星空ごこち2020 冬のプラネタリウムライブ』
 
■出演
まるやまたつや
市野美空
 
■フライヤーデザイン
坂口ナオ
 
■音響
大場 傑
福田 新
 
■企画・撮影
orange plus music
 
■主催
公益財団法人新宿未来創造財団

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

orange plus music
の最新情報をお届けします

WRITER

石松豊 / がちゃーん

穏やかな音楽と、揺らぎのある風景と、祭があればよい。アンビエント/エレクトロニカなどが好きでプレイリストをよく作る。個人でプラネタリウムやカフェでコンセプト立てたライブイベントを企画するのが趣味。

詳細プロフィールや活動実績、お問い合わせなどはWORKSよりご覧ください。

ABOUT THIS BLOG

orange plus music
(オレンジプラスミュージック)

音楽とインターネットについて考える個人ブログ。最近は個人イベント情報の告知とレポートを更新しています。

LINEアカウントでは、企画する音楽イベントやおすすめ音楽など最新情報を不定期に発信中。

RELATED

2回目の冬開催『星空ごこち 2021 冬のプラネタリウムライブⅡ』を新宿コズミックセ...

2021.01.05

原美術館で「ひかり」を捉える収録ライブ”『ひかりの感触』Hara X the slee...

2020.12.18

清澄白河の古民家でまったり読書BGMライブ「Music For The Story」イベントレポー...

2020.12.05

プラネタリウムライブ「星空ごこち2020」を今年も新宿コズミックセンターで開催

2020.11.05

「Music For The Story ~深川の古民家で、読書BGMライブ~」をアートプロジェク...

2020.10.21

Zoom越しの映像演出×落ち着いた音楽のライブ番組『#うちから音楽と旅しよう #Into...

2020.04.27

PR