• EVENT

  • 2019.08.22

秋の祝日に Nyantora × ti-ti.uu × 映像演出のコラボライブ「ヒビノイロ -ゆらめく光影、とけこむ音-」を開催

ヒビノイロ -ゆらめく光影、とけこむ音

「ヒビノイロ -ゆらめく光影、とけこむ音-」を開催します

 
テーマは「不在から存在を想像する」。生活の背景に流れている見えない「音」を通して、風景や感情など存在を想像することについて、余韻のあるギターと有機的な電子音のライブ、そして光と影の映像演出から体験を試みる一夜。
 
出演はナカコーのアンビエントプロジェクト「Nyantora」と、345(凛として時雨、geek sleep sheep)となるけしんご による二人組アコースティックユニット「ti-ti.uu」。オープニングアクトにはSatomimagaeが出演します。
 
映像演出は、蔵前のNui.で開催された「タビノエ」を始め数々のライブやインスタレーションに携わる「水色デザイン」が担当。今回は布の装飾や水を使いながら、光と影の演出を行う予定です。
 
会場は下北沢駅徒歩10分のHalf Moon Hall。会場は下北沢駅徒歩10分のHalf Moon Hall。地下にある無機質空間でのライブとなる。
 
詳細は特設WEBサイトから。チケット申込みはPeatixからどうぞ。人数に限りがあるので、お早めにお申し込みください。
 
ヒビノイロ -ゆらめく光影、とけこむ音-
ヒビノイロ -ゆらめく光影、とけこむ音-
 

出演アーティスト紹介

 
Nyantora
 
Nyantora
 
HP / Spotify / Twitter
 
ナカコーのアンビエントプロジェクト「Nyantora」。ナカコーの中で最長キャリアのプロジェクト。
 
2001年、「99-00」(2001年5月9日)をリリース。その後、「COSMOS」 (2003年4月2日)「夜を忘れなさい/97-03 」(2006年1月27日)「この作品はフェードインフェードアウトで構成されています 音があらわれては消えるその繰り返しただそれだけ」 (2009年12月1日)「White EP 」(2011年5月18日)「duenn feat. Nyantora 」(2012年1月12日)をリリース。そして、完全受注版「High Strangeness」 (2013年10月30日)をリリースした。
 
コンスタントにリリースをしていたものの、特にライブ活動はなかった。しかし、2014年6月プライベートでも親交のあるduenn氏のイベントより、待望のライブ活動をスタートさせた。長きにわたり多種多様な音楽を作リ出すナカコーの、音響に精通した世界観が遂に体感できるようになった。
 
FUJI ROCK、RISING SUN ROCK FESTIVAL、OTO TO TABI など のフェスや、トリエンナーレ、更にはロックアーティストとの対バンまで幅広く出演している。また、HARDCORE AMBIENCEを共同主催する「Nyantora+duenn」のライブ音源が日本人としては、前人未到のベルギーのエクスペリメンタルレーベル『Entr’ acte』からリリースされるなど、海外でも評価がひろがり始めている。
 
そして2018年6月20日Nyantoraとしては、7年振りとなる全国流通版のCD 「マイオリルヒト」を発売した。Koji Nakamuraでは、前作「Masterpeace」より約5年振りとなるAlbum「Epitaph」を2019年6月26日にCD化する。また、7月からは関西テレビ連続ドラマ「潤一」の主題歌と劇伴音楽を担当し、さらに連続ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ アフロ田中」のメインテーマ曲と劇伴音楽を担当する。
 

 

 
ti-ti.uu
 
ti-ti.uu
 
HP / Spotify / Instagram(なるけしんご) / Twitter
 
345(凛として時雨、geek sleep sheep)となるけしんご による二人組アコースティックユニット。
 
みずみずしく透明感のある345の歌声と、静かに演奏される楽曲は、聴く人全ての生活にするりと溶けこむ。
 

 

 
Satomimagae
 
Satomimagae
 
HP / Spotify / Twitter
 
1989年生まれ。2003年にギターを手にし作曲を開始。幼少期に数年を過ごしたアメリカで耳にしたデルタ・ブルースや、10代で出会ったロック、電子音楽等様々な音楽に影響を受けながら、環境音を混ぜた実験的な曲を作りうたっている。
 
2012年に初のアルバム「awa」をセルフリリース。
 
2014年に2ndアルバム「Koko」、2017年に3rdアルバム「Kemri」をWhite Paddy Mountainからリリースした後、EP「Potopo」を2018年にセルフリリースした。
 

 

イベント情報

『ヒビノイロ -ゆらめく光影、とけこむ音-』

■開催日時
2019年10月22日(火・祝)
17:30 OPEN / 18:00 START

■出演
Nyantora × ti-ti.uu
Satomimagae

■会場
下北沢 Half Moon Hall (東京都世田谷区北沢4丁目10-4)
※下北沢駅から徒歩10分
※靴を脱いで中に入る形となります
http://www.halfmoonhall.com/

■チケット
前売3,500円(当日4,000円)+1ドリンク
https://orangeplusmusic-hibinoiro.peatix.com

■映像演出
水色デザイン

■特設Webサイト
https://orangeplus.me/lp/hibinoiro/

■企画
orange plus music

 

メディア掲載

 
・CINRA.NET
イベント『ヒビノイロ』にNyantora、ti-ti.uuら 映像演出は水色デザイン
 
・UROROS
音楽と映像演出のコラボライブ『ヒビノイロ』10月22日に開催。Nyantora、ti-ti.uu、Satomimagae、水色デザインを迎えて
 
・DIGLE MAGAZINE
イベント『ヒビノイロ』にNyantora、ti-ti.uuら 映像演出は水色デザイン
 
・MUSIC WEB CLIPS
ヒビノイロ -ゆらめく光影、とけこむ音-のWEBデザイン | MUSIC WEB CLIPS – ミュージック・ウェブ・クリップス
 
・Web Design Clip [S]
ヒビノイロ -ゆらめく光影、とけこむ音- | Web Design Clip [S]

WRITER

石松豊 / がちゃーん

穏やかな音楽と、揺らぎのある風景と、祭があればよい。アンビエント/エレクトロニカなどが好きでプレイリストをよく作る。個人でプラネタリウムやカフェでコンセプト立てたライブイベントを企画するのが趣味。詳細プロフィールや活動実績はWORKSよりご覧ください。

ABOUT THIS BLOG

orange plus music
(オレンジプラスミュージック)

音楽とインターネットについて考える個人ブログ。最近は個人イベント情報の告知とレポートを中心に更新しています。詳しい活動はTwitterから。

RELATED

5年目となるプラネタリウムライブ『星空ごこち 2022』を新宿コズミックセンターで...

2022.01.20

オンライン読書BGMライブと映像展示「Music For The Story II」の記録...

2021.12.18

オンライン読書BGMライブと映像展示「Music For The Story II」をアートプロジェ...

2021.10.20

the sleeping beauty、塩塚モエカが演奏した原美術館での収録ライブ「ひかりの感...

2021.04.24

満点の星空とピアノに癒された「星空ごこち2021 冬のプラネタリウムライブⅡ」イベ...

2021.03.21

2回目の冬開催『星空ごこち 2021 冬のプラネタリウムライブⅡ』を新宿コズミックセ...

2021.01.05

PR