• EVENT

  • 2021.04.24

the sleeping beauty、塩塚モエカが演奏した原美術館での収録ライブ「ひかりの感触」の記録

2021年1月、『ひかりの感触』Hara X the sleeping beauty, 塩塚モエカを開催しました。

2021年1月をもって東京での活動に終止符を打つ品川の原美術館を舞台に、美術館に所縁のある2組のミュージシャンのライブ演奏を収録。また、楽曲に合わせた映像プロジェクションや原美術館で撮影されたシーン映像、ミニインタビューを交えながら、美術館に溢れる現実の「ひかり」と、アートや音楽に触れた人の心に降り注ぐ「ひかり」を捉える企画。

原美術館ARCのオープンと合わせて公開したダイジェスト版と、皆さんの感想の記録として記事をまとめました。
 

ダイジェスト映像

水色デザインさんによるダイジェスト編集。数曲ずつですが、原美術館へ訪れて、巡り、回想し、帰っていく様子を感じることができます。
 

 

皆さんの感想

終わりに

原美術館には、たくさんの「ひかり」が溢れている。
 
晴れた日の壁には木漏れ日が揺れ、窓からは陽が差し込んでくる。
そして、これまで数多くの美術作品がそれぞれの「ひかり」を灯してきた。
 
すべてが暗闇になってしまった時、あなたの心を照らす「ひかり」は何ですか。
 
誰かの存在がひかりとして、心に届くことがある。
自らの記憶が、勇気づけてくれることがある。
美術や音楽、映画、物語に触れて、あたたかく内から発光することがある。
 
この配信イベントでは、原美術館に溢れる「ひかりの気配」と
それぞれの「存在としてのひかり」が重なるところ、
その「ひかりの感触」を捉えようとした映像作品を上映します。
 
それぞれの日々の「ひかり」へと紡がれる一瞬に出会えますように。

これは、水色さんの想いと、出演者2組のインタビューでの言葉を受けて、言葉にすることができたイベントコンセプトです。
 
あなたを照らす「ひかり」、そしてあなた自身の「ひかり」。今この瞬間だけの「ひかり」がこの世界には溢れている。
 
まだ不安が続く世界の中で、世界を視る目を自ら変化させ、生き続けてくために。「ひかりの感触」が少しのきっかけになれば嬉しく思います。

『ひかりの感触』Hara X the sleeping beauty, 塩塚モエカ
 
■主催・企画
orange plus music、水色デザイン
 
■会場
原美術館
 
■映像プロジェクション
水色デザイン
 
■撮影
嶌村吉祥丸、薄田直樹、西垣薫
 
■照明
佐藤円
 
■音響
大場傑、福田新
 
■監督・編集
島田岳史
 
■協力
坂口ナオ、CAFE&BAKE momomo、+COFFEE、富樫陸(Sony Music)、YAMANAKA management

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

orange plus music
の最新情報をお届けします

WRITER

石松豊 / がちゃーん

穏やかな音楽と、揺らぎのある風景と、祭があればよい。アンビエント/エレクトロニカなどが好きでプレイリストをよく作る。個人でプラネタリウムやカフェでコンセプト立てたライブイベントを企画するのが趣味。

詳細プロフィールや活動実績、お問い合わせなどはWORKSよりご覧ください。

ABOUT THIS BLOG

orange plus music
(オレンジプラスミュージック)

音楽とインターネットについて考える個人ブログ。最近は個人イベント情報の告知とレポートを更新しています。

LINEアカウントでは、企画する音楽イベントやおすすめ音楽など最新情報を不定期に発信中。

RELATED

満点の星空とピアノに癒された「星空ごこち2021 冬のプラネタリウムライブⅡ」イベ...

2021.03.21

2回目の冬開催『星空ごこち 2021 冬のプラネタリウムライブⅡ』を新宿コズミックセ...

2021.01.05

少人数で穏やかな時間を過ごした「星空ごこち2020 冬のプラネタリウムライブ」イ...

2020.12.27

原美術館で「ひかり」を捉える収録ライブ”『ひかりの感触』Hara X the slee...

2020.12.18

清澄白河の古民家でまったり読書BGMライブ「Music For The Story」イベントレポー...

2020.12.05

プラネタリウムライブ「星空ごこち2020」を今年も新宿コズミックセンターで開催

2020.11.05

PR