• WORK

  • 2017.10.29

オトトイの学校「パブリシスト養成講座第8期」にゲスト登壇

2014年に開催された音楽フェスYEBISU MUSIC WEEKENDのつながりで、渡邊ケンさんにお誘い頂き、オトトイの学校「0円でできるアーティスト・プロモーション短期集中講座〜パブリシスト養成講座第8期〜」にゲスト登壇させて頂きました。
 

概要

 
オトトイの学校とは、音楽メディアOTOTOYが運営する講座。音楽ライター講座やドラム塾、映像制作入門など、音楽を軸に様々なことを学べる場所。
 
今回は「パブリシスト養成講座」ということで、音楽のパブリシティ・PR・プロモーションに関することについて、自分は僭越ながら、プロモーションプラニングについての講義をさせて頂いたのと、受講生の最終プレゼンテーションの講評をさせて頂きました。
 
パブリシスト養成講座
 

プロモーションプランニング講座

 
マーケティングやPRで使われるフレームワークを簡易化させつつ、音楽に当てはめた考え方を共有しました。
 

目的・課題を明確にした後に、ターゲットやアーティスト、市場や世の中の流れを「データ」として集め、データが5W2Hに合わせてどう活用できるかを整理し(=インフォメーション)、ファンや新規リスナー、メディアなど各種ターゲットが心動く瞬間にどんな情報・クリエイティブを届けていくべきかを考えます。(=インテリジェンス)

 
受講生がもっと想起しやすいような話の筋道・具体例、また楽しく受講できるような”笑わせ方”などはもっと磨いていきたいなと思いました。
 

最終プレゼンテーション

 
最終プレゼーションの会は、4時間にも及ぶ熱い議論。それぞれが好きな音楽について、どうしたら広められるか?を考え、そのプランについて全員でフィードバックして、よりよいアイディアにしていきました。
 
自分に足りないところに向き合う素直さや、新しい知識への吸収力、そしてどんどん的をついた意見を発信できるようになっていく成長スピード。色々な世代、背景を持った方々の集まりでしたが、それぞれの音楽への視点は自分も気づきとなるようなものがあり、楽しい時間でした。
 

まとめ

 
講座ゲストの機会が今後もあれば、ぜひやっていきたいと思います。
 
また「音楽について議論する」という場をもっと感じてみたいです。いろんな人が音楽について何か考えていると思うのですが、それぞれのユニークな視点を教えてもらいつつ、意見をぶつけあい、よりよいアイディアを生み出す。そういうプロセスが、自分に必要になる時が来るような気がしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

orange plus music
の最新情報をお届けします

ABOUT ME

石松 豊 / がちゃーん

デジタルマーケティング会社からweb制作/メディアの会社へ。個人でも音楽マーケティング・クリエイティブ制作の仕事をしています。音楽とインターネットについて考える個人ブログorange plus music運営中。